下心クーリングオフ

おはようございます絵に描いたようなクズです。

何か甘酸っぱい季節ですね。

今日は遠い昔の話をしようと思います。

まだ僕がお猿さんだった遠い昔の話です。

童貞。

それは男にとって拭いきれないコンプレックス

女性経験が無い。モテない。

これらは、一生を通して男児にまとわりついてくる。

かく言う自分も、当時童貞をこじらせ続け19年。

魔法使い見習いに突入しようとした時のことである。

地元を離れ、大都会に上京し一人暮らしにも慣れ始めた頃だった。

東京が凄かったというよりも、社会に出ざるを得ない状況で、地元じゃ女のおの字も出なかった自分に興味を持った稀有な女性と出会った。

何かとからかわれ、悪戯に好意を伝えてくる適当な女性に半ば苛立ちながら

「悪い冗談ばっかり言ってると、家に行って襲いますよ!」

と下心半分で感情をぶつけた。

すると件の女は微笑みながら

「やれるもんならやってみな」

そう挑発するのである。

あの時の自分の表情と来たら…

眉間に皺を寄せながら鼻の下を伸ばし、息を荒げて日付設定する目の前の男を女はどう思っていたか知る由もないが。

日を跨ぎ、決戦の日。

連絡は取り続けた。

感触も悪くはない。

禁欲も続いている。

またとない脱童貞日和。

今日を逃せば、俺はきっと生涯童貞だろう。

そう意気込み、彼女の最寄り駅から一番近い童キホー貞でスウェットとコンドームを買った。

女性店員に会計をされる時の羞恥心は今でも忘れられない。

背伸びして紙袋を断った自分を今でもよく覚えている。

準備は整った…

相手の仕事が終わり突然連絡が入る。

「ごめん、やっぱりお互いのことをよく知らないし…君とはそういうことできない」

f:id:wasum:20170530075357j:plain

心の何処かで仙道の声が聞こえた。

当時の絵に描いたようなクズ青年は慎重に連絡を取り続けた。

慎重に…慎重に…嫌われないように。

ここを逃したら次はない。

周りはよく言ってきた。

ハーフだから大丈夫だよ!

その内彼女出来るって!

お前らのモテ期はいつだよ!!

f:id:wasum:20170530075822j:plain

断固たる決意

断固クズ

………………………

とても健闘と言えるものじゃないが、一人の青年の童貞卒業をかけた戦いは終わった。

黄色い袋を引っさげ、元来た店へ戻る。

ショックで憔悴しきり、せめてお金だけでもと返品を試みた。

「商品の返品理由をお聞かせ願いますか?」

「必要が…なくなったからです」

お姉さん…そんな顔で見ないでくれ。

避妊する相手がいなくなっただけさ。

なんならピルの存在も知らなかったよ。

返品ついでにお姉さん買っていいですか。

手元に帰ってくるお金。

家路に着き、平静を取り戻したくて生まれて初めて家計簿を付けた。

所持金9841円

そこで当時の家計簿は止まっている。

その日の夜、東京に一人の青年の涙が流れた。

声を押し殺し、悔し抜き。

近隣には青年がすすり抜く音が聞こえたという…

出展 童貞問答 第2手より

汝は人狼なりや?


汝は人狼なりや?というゲームを知ってるだろうか。


端的に人狼ゲームと言った方が、分かりやすいのだろうが4月になってから時間を忘れる程没頭して遊んでいる。


簡単に説明すれば村に潜んでる人狼を見つけて処刑するゲームだ。

人狼側の場合は村側の人間と同じ人数になるまで村人達を殺していけば勝ちだ。


一見簡単なゲームかもしれないが、やればやるほど深みが増していく。

一番重要なのは自分が所属してる陣営が勝つこと。

二番目に重要なのは敵対してる相手にどう信用してもらうのかだと思っている。


理詰めで自分が味方だと言う人もいれば、感情に訴えかける人もいる。

そんな時思い出す言葉が

「人が行動するのはどんな時だ?」

という恩師の言葉である。


確かに理詰めで納得させるのは簡単だし、自分の感情を押し通すのもありかもしれない。

 

ただ恩師のその問いに対する答えが

「人が動くのはね、心が動いた時だよ」


初めてその答えを聞いた時に、スッと胸に入ってきたのを覚えている。

自分勝手に感情を叫んでも、理詰めで相手を納得させても結局相手の心が動かなければ意味がない。


人狼ゲームだけじゃなくて、日々常々心掛けたいことである。


時間感覚

ここ最近、2時間で完結してしまう映画よりも、海外ドラマを観ながらダラダラ酒を飲む自分の方が楽になったのをひしひしと感じている。

集中してその作品を観るという行為がどうにも辛い。
たったの2時間の中に伝えたい主題始め副題が絡み合って、意味もなく撮られたシーンなんて1つもないと思うとどうも肩が凝って仕方がない。
1秒1コマ単位で映し出される画面を見逃すまいとして集中するのが難しくなった。
没頭が出来ない。没入も出来ない。

その点、面白いが間延びするまで行かずとも、適度に息抜きしながら観られるドラマに流れている。
端的に1話1話が短いのもあるが、歳を経るに連れ頭の中に色んな記憶と思考が常駐して何をするにもそいつらがもわっと立ち上ってきて、何かの情報を目にする度、勝手にそれを脳内の記憶と照らし合わせて思い出と結び付けるので非常に面倒臭い。

悔いと恥の多い人生を送ってきたからなのか、単純に脳みその容量なのかは知らんが時の流れを否応なしに感じてしまうここ最近なのであった。

みなさんは映画、見てますか

f:id:wasum:20170202210133j:plain

プロオフパコプレイヤー 破

前回の続きです。

今働いてる職場の社長の気まぐれな休みとはるさんの脳イキ講習会が重なった僕は、正月家族に顔を出さなかった罪滅ぼしも兼ねて約一年ぶりに東京へ行くのである。

来たる1/28都内某所。

続々集まるセミナー講習会参加者を尻目に、はるさんの講習会に来る人って本当に年齢層様々なんだなぁと素直に驚いていた。

年齢に拘らず年下のはるさんから性を学ぼうとする気概や、まだ若いであろうにパートナーなり異性を気持ちよくさせたいという一心で参加したであろう期待と不安に満ちた面々を見渡して、ニヤニヤしながら待ち合わせ時間を待っている怪しげな自分。

定刻になり乳母さんが2人、会場までのお迎えに現れた。

もんげーーー!!!ほんまもんの乳母さん達や…

カワイイイイニオイガスルボビースキ

乳母さん2人を取り囲む恐らく多種多様な性癖をもつ20本のちんこ達という構図に若干の興奮を覚えながら、来たる講習会場へと向かう僕であった。

そして辿り着いた先、扉を開けると人、人、人…

霊感も何もないんだが人から感じる熱量であったり気みたいなのは感じる性質で、部屋に入った瞬間

(あかん、これ久々にやる気スイッチ入れな吸収しきれへん…)

と兜の緒を締める僕でした。

いや、正直そんな余裕なくて部屋の奥ド真ん中で30人以上に囲まれ座ってるはるさんから溢れ出る謎の戦闘力というか、誰か井上先生のバガボンド読んだことあります?

あれで武蔵がゾーンというかトランスに入った時に透明な真綿のようなオーラをまとうんですが透明感あって棘もないのに質量を感じるっていうかそういう不思議な空気を纏ったはるさんが座ってて、変な話実演とか講習すっ飛ばしてああ、久々に本物に遭遇した!!!!!!!!という歓喜と好奇心に満ち満ちた僕がいました。

はるさんからの講習会参加者からの挨拶があり、色々すっ飛ばして早速実演でした。

モデルは稲子さん。

度々アカウントは覗いてた方で、あらまぁ可愛らしいというのが第一印象でした。

辺り一面を男女に囲まれこれから実演のモデルになるという事実を前にシャイな稲子さんは赤面しつつ、チラッと顔を上げて辺りを窺う様が友人の飼ってたトッティ(臆病なスズメ)を思い出して非常に萌えました。

実演に関して詳細に書き上げようかと思ったんですが正味、自分の文章力じゃ表現しきれないので興味があっていけないやつはさっさと行ってこいっていう感じです。

端的に説明すると

・はるさんの導入が本当に丁寧

・焦らすことの大切さ

・相手の想像力を掻き立てよう

・相手が理性と本能どちらに傾いてるかしっかり判断した上で、誘導してあげることの大切さ

・稲子頑張れ!!!稲子可愛いよ!!!!稲子!!!!!!うっうっ…稲子!!!!!稲子お疲れ様!!!!!!!!稲子ネバーダイ!!!!!!!!!!!!!稲子ネバーエンド!!!!!!!!!!!!!!!

いや、本当に見てるこっちも汗かくくらい脳イキってのは男も本当に心血注いで向き合って上げないと成り立たないんだなと素直に思いました。

モデルをやるのが初めてな上、見られる性癖も見せる性癖もない稲子さんがピーされてピーして、挙句の果てにピーしてピーで果てる様は本当に尊かったなと思います。稲子ネバーエry

その後は脳イキに関しての理論説明。

やっぱり再現性のある事象を繰り返してるはるさんの説明は本当に的確で、今まで自分が経験して来た性行為の反省点や良かった点も全てが明確になり繋がって鮮明になる感覚が凄まじくて、アンチも一回話聞きに行ってから判断すればいいのにと思うばかりでした。

なんかすんごい雑なレビューになってしまった気がするけど、僕ははるさんに限らず会いたい人には会ってみたいし、好奇心を好奇心で終わらせるのは勿体無いと思っている性質なので今回は凄く楽しかったです。

やっぱり会って実際話してるとこを見ると相手の捉え方って変わりますよ。

はるさんの印象はそんなに変わらなかったけど、参加者からの質問に対して相手が納得するのを通り越して、自分が納得するまで語り尽くすその真摯さが、容姿や技術なんてものを通り越して1番のはるさんの魅力だなと思った次第であります。

ありがとうはるさん、ありがとう乳母達

稲子ネバーエンド!!!!!!!!(言いたいだけ

気が向いたらもう少し掘り下げたやつ書きます。

プロオフパコプレイヤー

思えばTwitter上ではるさんという存在を知ったのが丁度去年の今頃だった。


当時の僕はと言えば溢れ出る性欲任せにネットもリアルの見境も無く女性に手を出しては妙な虚しさを覚え、何度も何度もその行為を繰り返すどこにでもいそうな浅いセックス中毒であった。

Twitterという周知の場を通してオフパコする人間達の存在を知り、その界隈のアカウントを見漁った挙句辿り着いたのがはるさんその人である。


当時はまだお金を取らずオフパコカレンダーを晒していたはるさんであったが、数多あるオフパコアカウントとは一線を画す強烈なカリスマ性を感じたのである。


そもそも個人的な主観に基づいたモテの解釈から話したいが、本当にモテる男は元来女を追いかけなくていい環境を作り上げてる。

狩猟本能に身を任せて、女をゲットするというのが男だとは思うが現代社会ほんの一握りの性のヒエラルキーのその頂点に君臨する男は、身辺環境からして異性を呼び込む環境が整ってる。


はるさんの場合はとにかくそれが面白かった。

パコった相手のレビューがそのままはるさん自身をブランディングしていく様が本当に滑稽で、欲望に忠実に生きる姿が妙に輝かしく見えて仕方なかった。


脳イキは革新的だったし、実父のアナル先生の衝撃も未だに忘れられない。

それから嫁を持ち子供が生まれてもなおオフパコを続け、挙句の果てにはそれを仕事にし始めて出張ホストなんざ目じゃない男娼っぷりをかますのである。


とにかく存在が斬新だった。

当時の仕事と異性と同じ事を何度も何度も反芻する自分にとって、日々あげられる呟き、動画、写真全てが衝撃であった。


已む無く東京を離れ、大阪、北海道と転々虫を繰り返した僕には中々依頼をする気力が湧かなかったが今回の脳イキ講習会を機に一歩踏み出そう、会いたい人に会ってみようという勇気が功を奏し参加と相成ったのである。


凄まじく長くなりそうなので、脳イキ講習会の感想自体は次回にします。